晴美ファーム

美作市よりぶどう・桃・なし・柿・黒大豆を販売

ご注文・お問い合わせはお電話にて

  • 商品について
  • わたしたちについて
  • 農園について
  • 交通案内

晴美ファームブログ

2021/10/07 ジャノヒゲで法面管理の省力化

カテゴリー:農園だより

晴美ファームにぶどうを買いに来られたお客さんが「ハウスの横の法面に綺麗に植えられているのは何ですか?」と尋ねられました。それは母が株分けして植えて育てたジャノヒゲ(別名リュウノヒゲ)です。法面に普通の草が生えると年に数回草刈りをしなければいけないので草おさえになるかもしれないと母が昨年植えました。1年で見事に育ち、密植したので雑草も生えそうにありません。蛇の目は乾燥にも強く、草丈が高くなりすぎることもなく年中緑なので景観上も良いです。DSC_0732DSC_0730

2021/10/06 暑い秋、今年の干し柿づくりは?

カテゴリー:農園だより

秋晴れが続き朝晩は涼しいものの昼間は暑いような日が続いています。
晴美ファームでは農園に甘柿の富有と渋柿の西条を植えていますがこの地域の農家がそうであるように自宅の周りにも数本の柿があります。その中で、西条はつるし柿(干し柿)用として利用しているのですが今年は熟すのが早いようです。熟してしまうと干し柿にはならないので熟す前に収穫して干せば良いのかもしれませんが早く干すと雑菌が広がり良質の干し柿になりません。今年は昼間は暑いような日が続いているので干すのはかなり先になりそうです。DSC_0709

2021/10/05 瀬戸ジャイアンツのかすり症対策は如何に?

カテゴリー:農園だより

今年の青系ぶどうは例年とは違う状況にあります。夏場の長雨ののせいかシャインマスカットは、房の中に小粒で緑色抜けしない粒を含んだり糖度の上がりが遅かったり影響が出ています。また、瀬戸ジャイアンツは平年より糖度の上がりは良いのですが果皮にかすり状の汚れが激しく出ています。折角甘くてジューシーな瀬戸が育ったのに外観が悪ければ商品価値は下がってしまいます。黒大豆の若莢にも似たような汚れができますが黒大豆はウイルスによるもで瀬戸は生理障害が原因だそうです。晴美ファームでも掛け袋の色を変えたり、カルシウムやケイ酸を施用したりいろいろ研究してきましたが解決策はまだ見つかっていません。どなたか瀬戸のかすり症状を抑えられる方法を知っておられたらご教示願います。DSC_0726

2021/10/04 時期遅れの梨収穫

カテゴリー:農園だより

晴美ファームはぶどうだけではありません。桃、梨、リンゴ、柿、杏、柑橘類、枇杷、キューイフルーツ等々果物なら何でもあれです。しかし、ぶどうと桃以外は手が回らないのが実情で、今日はようやく豊水・豊香を収穫できました。収穫適期はとうに過ぎた梨ですが肉質もしっかりした甘い梨でした。今年はカラスの被害があり収量はごく少しになりましたがしばらくは食後のデザートとして楽しめそうです。(自家用だけでは多すぎます)IMG_1603IMG_1604

2021/10/03 秋晴れにコスモス

カテゴリー:農園だより

10月に入り気持ちの良い秋晴れの天気が続いています。ぶどうの収穫は贈答箱つめの出荷はほぼ終わり、農協と直売所向けの出荷が忙しくなりました。10月20日くらいまでには終わりたいと作業を進めています。ぶどう園周囲に植えているコスモスが綺麗に開花し青空を背にゆれて秋の訪れを感じさせてくれます。コスモスは地生えだと草丈が高くなりすぎ倒伏して管理が難しいので晴美ファームでは7月末に種を播くことで適度な高さで開花させています。DSC_0722DSC_0724

2021/10/02 瀬戸ジャイアンツを直売所に本格出荷

カテゴリー:農園だより

瀬戸ジャイアンツの直売所への本格出荷を始めました。10月に入り本来の甘さとジューシーさが増してきた瀬戸ですが今年も果皮にシミ状の汚れが目立つようになってきました。外観が良くないといくら味が良くても農協への出荷は価格にもろに影響するので生産者として出したくありません。そこで瀬戸の本当の味を味わっていただくため昨日から直売所に出すことにしました。シャインと比べ知名度が低いので売れるかどうか心配でしたが今日は約100房を出し完売できました。価格をお手頃価格に下げたためかもしれませんが瀬戸のファンを増やすために美味しいものを継続して出していくつもりです。IMG_1601IMG_1602

2021/10/01 瀬戸ジャイアンツ、農協出荷始まる

カテゴリー:農園だより

2000房の瀬戸ジャイアンツが一斉に甘くなってきました。どうやって売るか毎夜、考えていると眠れなくなると愚痴るばかりしていましたが、今日は行動開始。やっと、農協出荷を始めました。100房余りを採り、汚れや粒ぬけのないものを選んで、瀬戸ジャイアンツ用のきれいな袋に入れ、やっと、箱に入れていきました。やっと1箱、完成。2.75㎏かなり入れすぎですが、2㎏箱ができました。やっと今日は11箱。3房入りが多かったです。また、日曜日に頑張ります。後悔するのは、汚れが出る前に出荷したかった、という点ですが、早まると、甘くならず、大根のような甘みの薄い蒲萄を出荷することになるので、今年のように甘くなっていたら、よしにしましょう。DSC_1478

2021/09/30 忙しい中で20分の尺八

カテゴリー:マイホビー

先週金曜日に尺八の先生のところに行ったときのことです。その週は毎日30箱以上の箱作りに追われ、一度も尺八に触らず、練習日に行きました。一応吹くと、先生が「一度も箱を開けなかったわりには音が出とる。」と言われました。それでも、なんぼ忙しくても毎日ちょっとでも吹きましょう、と言われました。よし!!と決心して、今週に入ってからは、夕方、出荷を終えたあとは、まず、箱の組み立て。今日の出荷先をパソコンの一覧表に記入。ブログを書く、を済ませて、入浴を1分で入り、尺八の練習をする!!を続けています。1日、20分(本当は2時間と言われていますが。)尺八練習を頑張ります。

2021/09/29 どう売る?大きく甘い瀬戸ジャイアンツ

カテゴリー:農園だより

大変です。今年は大きく、甘~くなった瀬戸ジャイアンツですが出荷箱に入りません。今日は瀬戸を明日から農協に出荷するために箱詰めの練習?をしました。しかし、今年の瀬戸は800gから900gの大房が多くて、2kg箱の最低詰め数3房が入りません。また、2kg箱に2房では箱重量が足らずに受けてもらえません。園にはまだ約2000房の瀬戸が樹についています。瀬戸は収穫が遅れると果皮にシミ状の汚れが増えてくるので早く収穫しなければいけないのですが農協に出せないとなると直売所に出すしかありません。しかし、一日に多く出し過ぎると売れ残るので出荷量の調整や値下げが必要です。折角、大きく甘い瀬戸ができたのに売るのに苦労するのはやるせません。DSC_0721DSC_0720

2021/09/28 晴美ファームもネットショピングを開始

カテゴリー:農園だより

今日はビッグニュースです。なんと晴美ファームではより多くの方にぶどうの美味しさを楽しんでいただくために今日からネットショピングを始めました。とりあえず今年は2kg箱の3品種詰め合わせセット準備しましたが状況をみて商品を増やしていきたいと考えています。ネットショピングのバナーは晴美ファームのホームページに付け加えましたので見てやってください。