晴美ファーム

美作市よりぶどう・桃・なし・柿・黒大豆を販売

ご注文・お問い合わせはお電話にて

  • 商品について
  • わたしたちについて
  • 農園について
  • 交通案内

晴美ファームブログ

2021/03/07 河津桜が開花しました

カテゴリー:美作の国

家の方から川土手を見るとなんとなくピンク色に見えたので河津桜を見に行ってきました。咲いていました。開花です。近所の人もぼちぼち見頃になるなあと言っていました。日にちとしては、やはり例年より早いようです。サクラとは関係ないですが、第3ファームのシャインや瀬戸も水が回ってきました。今年は早いです。河津桜の花芽ですが、緑色をしていても、開花前には濃いピンク色になり、大きな花になっていきます。ただ、大きめの蕾に3個ほどの花が固まっていて、それがさらに急に大きくなり、ぱっと開花することがわかりました。ソメイヨシノとは違うようです。IMG_4853IMG_4854IMG_4858IMG_4856

2021/03/06 ハウスのブドウに水が回りました

カテゴリー:農園だより

自宅のガレージでシャインマスカットを作っている友人が「もう、水が出て来た。」と言ったので、「まだじゃろう。」と言っていたら、ハウスブドウの切断面から水がポターッと出ていました。例年より1週間くらい早いです。いよいよ今年のブドウ栽培の始まりです。だんだんに芽がふくらんできて、4月の中頃には発芽します。そうすると、芽かきが始まります。IMG_4849IMG_4850IMG_4851IMG_4852

2021/03/05 貯水槽の水抜きと掃除

カテゴリー:農園だより

昨日、ハウス横の貯水槽の水抜きと掃除を行いました。いくらか貯水槽の水が抜けてしまうのはここ数年の課題だったので、今年は絶対、内壁のペンキを塗り直すぞ!と思っていました。少し暖かくなったのと、ハウスのブドウの木にたっぷりと水をやることができたので、今がチャンスということで、貯水槽の塗り直しやポリタンク修理に取りかかることにしました。

塗料についてはいろいろ迷っていて、数年前に一度塗りましたが防水効果がイマイチだったので、知り合いのペンキ屋さんや我が甥っこの何でもよく知っているリョウちゃんに聞いて、「トップコート(インパラ)FRP」というものを注文しています。

水をポンプである程度まで吸い出し、底に残っているドベと泥水をバケツで汲み上げました。底近くになるとペットボトルの切ったものやちりとりで、さらえるようにして泥水を集め捨てました。さらに泥水がなくなったあときれいな水を壁にかけ、たわしで洗って、水をすくい取ることをしました。(4回ほど)そして、きれいになったところで、ボロタオルで水を吸い取りました。きれいになりました。昨日はパートナーにおってもらって助かりました。DSC_1163DSC_1165DSC_1167DSC_1168

2021/03/04 “メリット青”を塗りました

カテゴリー:農園だより

“メリット青”は栄養剤です。ブドウの主枝の今年度伸びた部分(延長枝)は芽が大きくなりにくいので、今日のような作業を必ず行います。まず延長枝の芽(小さく出でいる)の数㎜上に刃物で傷をつけ、その後メリット青を倍に薄めて塗ります。サニードルチェはオールドブラックなどに比べて、本当に小さな芽であり、良い芽になるかどうか、良い枝になるかどうか不安だなあと思いました。様子を見ます。DSC_1162DSC_1156DSC_1157DSC_1158

2021/03/03 早咲きチューリップが咲き出しました!

カテゴリー:農園だより

第1ファームで草取りをしていると、「チューリップが咲いてますねー。」と大きな声がするので、行ってみると、いつも散歩をされているご近所さんでした。「まだでしょう。」と言うと、「あれ、あそこ。」と指さされたのがこの写真です。ハウスの反射熱が働いて、暖かくて早くさいたのかなと思います。ご近所さんは、花が大好きでいつも見ているので、今日、気がついた、と言っておられました。ポピーの苗とチューリップを少し持って帰ってもらいました。場所が変わっても咲いてくれたらよいのですが。DSC_1160DSC_1161

2021/03/02 水彩画+α

カテゴリー:マイホビー

今日は第1火曜日。水彩画の日です。
朝は昨晩からの雨が強かったのでハウス内の作業と農協へのトンネル資材の注文だけで終わり昼前から岡山市に出かけました。今日の画材はチューリップでしたが花と葉が単調で描くのに苦労しました。
日没が少し遅くなってきたので帰りは久しぶりに岡山県農業センターによりぶどうと桃の剪定状況などを見学させてもらいました。何年も果樹栽培を続けているとマンネリ化と手抜き、慣れで自己流の栽培になりがちですがセンター等の見学は初心に帰る良い機会になります。IMG_1184IMG_1181

2021/03/01 柑橘の剪定

カテゴリー:農園だより

今日は柑橘の剪定をしました。
晴美ファームでは現在7本の柑橘を植えています(品種は日南早生からはるみまで色々です)。10年程前に6本植えたのですが冬の寒波で3本が枯れてしまい最近4本を植え足しました。今年の1月にも-9℃くらいまで下がったので心配でしたが2重に被覆していたので寒さに弱い若木も枯れずに済んだようです。
柑橘の剪定はどうすれば良いのか分かりませんがとりあえず枝だ混まないように日の光が樹全体に良く当たるように杯状仕立てにしています。IMG_1178IMG_1179IMG_1180

2021/02/28 ぶどう主枝の皮剥ぎスタート

カテゴリー:農園だより

今日からぶどうの主枝の皮剥きです。
皮剥きは樹皮の間に潜む病害虫を駆除するために冬の厳寒期が過ぎた3月から芽が出るまでに樹皮を取り除くものです。最初の皮剥きは、昨年カイガラムシの多発したシャインマスカットから。草取鎌の刃を加工した自家製の道具を枝の皮の下に差し込み剥いでいきます。皮はぶどうの品種や樹の年齢により異なり、ピオーネや瀬戸は剥ぎ易くシャインは剥き難いです。また、若木は剥き難いです。
剥いだ樹皮が園内に散らばるとそこから病害虫が広がる心配もあるので、下に青ビニールを敷いて集め、園外に持ち出し焼却します。DSC_1151DSC_1155DSC_1154

2021/02/27 新しいトンネルの設置準備

カテゴリー:農園だより

もうすぐ3月、今のうちに去年植えたブドウの露地トンネルを作っておかなければいけません。いくらかトンネル(ブドウに雨がかからないように農ポリのトンネルをする。)を上げて設置にかかっているところもありますが、まだまだ、あちこちに農ポリトンネルを作らなければなりません。番線は丈夫か、何メートルくらいのものを作るか、それによって買ってくる鉄製トンネルの数も変わってきます。考え中です。DSC_0380DSC_0381DSC_0382

2021/02/26 PHテスターとテンションメーター

カテゴリー:農園だより

美作ぶどう部会でPHテスターとテンションメーターを購入しました。部員の皆さん全員でしっかり使っていただきたいと思います。PHテスターは土壌の酸性・アルカリ性を計るためで、ブドウが育つのに良いのはpH6.5~7.5だそうです。7.0が中性、それ以下が酸性、以上がアルカリ性です。測定して土壌酸度を調整し、根の周りの環境をよくするように活用ください。もう一つのテンションメーターは土中の水分を計るための器具です。作物の生育に適した水分になっているかどうか検査して有効活用できればと考えます。IMG_1165IMG_1164IMG_1163