晴美ファーム

美作市よりぶどう・桃・なし・柿・黒大豆を販売

ご注文・お問い合わせはお電話にて

  • 商品について
  • わたしたちについて
  • 農園について
  • 交通案内

晴美ファームブログ

2024/06/22 梅雨前にぶどう園の明渠の草刈り整備

カテゴリー:農園だより

今晩から明日にかけて大雨でその後は雨が続く予報になっています。晴美ファームのぶどう園はもともと水田だった所なのでそのままだと大雨や長雨では水が溜まり土が過湿になってしまいます。そこで、施設を建設する前に地下に暗渠排水を設けるとともにぶどうの樹列間に明渠(排水路)を作っています。今日はその明渠の草刈りをして流れを良くするようにしました。
ファームの明渠はすべて園内に設置した集水桝に集まり、そこから地下に設置した排水管を通して園外に流れるようにしています。こうすることで園内が過湿になることが減るととに乗用草刈機で速やかに草を刈ることができます。IMG_6252IMG_6253

2024/06/21 瀬戸ジャイアンツの粒間引きが一応終わりました

カテゴリー:農園だより

瀬戸ジャイアンツはまだ開花後10日から18日ということで、まだ房も粒も小さいです。そこで、間引きと言ってもどのようになるか予想がつかないので、余りきちんと切っておくわけにはいきません。なので2回目の粒間引きを覚悟して一応の作業を終わりました。これで、晴美ファームの全ぶどうのだいたいの粒間引きは終わったのですが、これからは最終的にどれくらい粒が太るかを想像して仕上げをしていくことが大事です。シャインマスカットもその一つです。まだまだ粒は大きくなるともちろん思っているわけですが、さて、どのくらい粒を切り取るか、思案、思案です。IMG_6250IMG_6247

2024/06/20 桃、カラスと夜蛾除けの網をかけました

カテゴリー:農園だより

昨日、とても暑い中、我が家の強力助っ人に手伝ってもらって夜蛾除けの網を張りました。7月の上旬の桃の収穫まで、2週間ほどになりました。あっという間の成育期間で、果たして本当に実っているのか心配になるくらいなことですが、桃が甘くなると、あっという間に夜蛾が桃の袋の上から果汁を吸うとかんがえられます。桃を収穫するころには、カラスもやってきて、桃の取り合いをすることになります。ネットが、途中なので、なるべく早く完成させたいです。アナグマは電柵によって、侵入禁止にしてあります。IMG_6244

2024/06/19 杏子が収穫できました

カテゴリー:農園だより

数日前に白いネットをかけた杏子が熟してきました。毎年、虫にやられたりしてすぐ傷んでくるのですが、今年はネットのおかげで傷もなく、嬉しくなって、青いようなものまで収穫してしまいました。杏子は皮ごとパクッとたべてもおいしいです。杏子ジャムにしても美味しかったよと言ってくださるお客様もいて、ありがたいことです。要られる方がおられたら連絡をしてください。IMG_6241

2024/06/18 瀬戸ジャイアンツの粒間引き開始

カテゴリー:農園だより

今日から瀬戸ジャイアンツの粒間引きに入りました。晴美ファームでは14種類のぶどうを栽培していますが瀬戸が最後になります。今年は花穂成型時から小房にしていたので粒間引きは比較的簡単にできるようで良かったです。また、瀬戸は毎年ジベレリン1回目処理後花穂が歪曲することが多かったため、今年はジベレリンの濃度をいままでの25ppmから15ppmに薄くしてみました。しかし、今年も曲がりは同じように発生したので曲がりの原因はジベレリンの濃度ではないと推測されました。IMG_6238IMG_6240

2024/06/17 百個余りのぶどうをタオルドライしました

カテゴリー:農園だより

何のことを言っているのだと思われるかもしれませんが、実は、ジベレリンの2回目をするのに苦労したのです。雨が続くことが予想されるので、今日防除をすることにして、シャインマスカットの2回目ジベも防除が終わったらしようと思っていたのです。しかし、予想していた天気の様子がいまいち曇りがちなので、これは困った、となりました。なんとか、防除の液体はかわいたのですが、そのあとのジベレリンの溶液が少しも乾きません。「ありゃあ、困った。5時ごろには雨が降りそうだし。」今日の計画は今少しだったかも。と考えるばかりしてもいけないので、今治タオル!バリのなるべくふわふわの吸湿性のよいタオルを家から取って来て、赤い色のついたジベレリンの液体をふき取りました。1個1個、シャインマスカットを白いタオルで包んで!想像してみてください。すごい高級品対応です。まあ百個ほどが今日のジベの対象だったので、よかったのですが、こんどからは天気の良い日に早く乾くように2回目ジベはいたします。

2024/06/16 今日は美作市の文化連盟の発表会でした

カテゴリー:マイホビー

私は行けなかったのですが、尺八や三味線のグループ、大原民謡会も出演した発表会がありました。昨日から助っ人を頼んで、全部の農園の脇芽取りをしていましたが、昼になんとか切りが付いたので、写真を撮りに行ってきました。あっちやこっちに移動して全メンバーの写真を撮ったので、「なんじゃ、この人は。」と他のお客さんには迷惑だったかもしれません。一昨日の尺八の練習日はほんとに久しぶりに行きましたが、この時期、尺八の練習もたいへんです。上手く時間を作って趣味のこともしたいなあと思います。IMG_6213

2024/06/15 6月の花、アジサイ

カテゴリー:田舎暮らし

アジサイが咲く季節になりました。母の手入れがよかったのか、今年も無事咲きました。というのが、花が咲いたあとの手入れがアジサイの場合もとても大事だそうです。7月の仕事として、花が終わったらすぐ剪定するそうです。花芽がすでにできているそうで、花のすぐ下か、花芽がない場合は3節より下を切るそうです。そうすると、秋から冬にかけて花芽が完成して、次の年に咲くそうです。遅れたらいけないそうで、なかなか難しいです。アジサイの種類はいろいろですが、最近ではアナベルというのもあって入手したいものです。IMG_6198

2024/06/14 ジャンボニンニクの花

カテゴリー:田舎暮らし

きれいな丸いボンボンが畑にところどころ有ります。何も知らなかったら「きれいな花、なんだろう。」と思うところです。春先にニンニクの芽をたくさん頂いて、肉と一緒にに炒めたり佃煮にしたりしました。頂いたこの芽とこのボンボンを同じものとして認識しなければいけません。紫色のボンテンはニンニクの芽であり、花でした。先に頂いていたニンニクの芽は売れるニンニクを栽培している農家さんにとっては、ニンニクの球根をどう太らせかが大問題で早く折り取ると中のニンニクは無事に大きくなります。しかし、早すぎると中のニンニクの小片は小さくなりすぎてしまうそうです。IMG_6199

2024/06/13 シャインマスカットの粒間引き一応終了

カテゴリー:農園だより

今日でやっとシャインマスカットの粒間引きが終わりました。昨年、ジベレリン処理時に花が振るい本来の房形にならない房がたくさんでたので今年は本葉6~8枚展開時にフルメット1ppmを処理したところ花振るいはありませんでした。しかし、花が振るわず、実がたくさん着いたので粒を間引くのにたいへん手間がかかりました。更に、晴美ファームでは900g程度の大きい房を作るために粒数を45から50粒になるようにようにしているため余計に手間がかかりました。しかし、花が振るって房ができないのよりはいいので腰の痛いのを我慢して4日で終わらせました。IMG_6195IMG_6196